Tamaho Misio たまちゃん

初めましての方も、初めましてじゃない方も、こんにちは。
珠帆美汐(たまほみしお)です。
たまちゃんと呼んでください。
あきらさんとともちゃんと主催をやらせていただいております。
 
この度はこのような豪華メンバーとイベントを共に作り上げていけることを、とても嬉しく思っております。
 
「クレイジームーン」というこのイベントの名前は、「陰も大事にしていきたいよね」というあきらさんとの相談の中で思いつきました。
 
スピ系というのは、どうしても「光」とか「愛」とか「浄化」とか「高次元」とか「天」とか「天使」とか、キラキラした「陽」の方に傾きがちです。
 
スピ系フェスというのは、どうしても闇を嫌い、低い波動を嫌い、キラキラふわふわ系になりがちです。
 
しかし、いったいそれでいいのでしょうか?
「聖なるもの」を意味する「holy」という英単語は、もともと「全体性」を意味する「hole」から来ていたはずです。
「ワンネス」というものはとても大切なもののはずです。
陰陽が一体となって、すべての命の源となるはずです。
 
光なくして陰なく、影なくして光なく、
男なくして女なく、女なくして男なく、
低次元なくして高次元なく、高次元なくして低次元なく、
カオス(混沌)なくしてコスモス(調和)なく、コスモスなくしてカオスなく、
死なくして生なく、生なくして死はない。
 
一にして全、全にして一。
 
私はそこを大切にしていくために「スピリチュアルエロスコーチ」を名乗って活動しています。
 
このイベントの独自性はそこ(陰陽そなわってこそHolyness、というところ)におこうね、他との差別化をそこで図ろうね、と、やまうちあきらさんと意気投合した結果、こんな名前となりました。
 
意識の闇、精神の混沌を大事にしないとクリアで明晰な意識も精神も持てない。
クリアで明晰な意識は「クレイジー」が生み出す。
 
夜を大事にし、プライベートな安らぎと癒しの時間をしっかり持たないと、昼にはつらつと社会的な活動ができない。
はつらつとした活躍は「月」が支える。
 
闇、混沌、プライベート、安らぎ、癒し、それら「陰」の大切さを訴えた名前が「クレイジームーン」なのです。
 
皆様もぜひ、一緒に「真のHolyness」を体現するイベントを支えていただければ幸いです。
 
ちょびっとキチガイじみて、ちょびっとエロくて、ちょびっと異様な空間を一緒に作り出していきましょう(^^)
 
その中で、来場者さんが「べき」や「ねば」で押さえつけていた自分の影となる一部分を少し開放して、その人の全体性を取り戻すお手伝いをすることができたらいいなと願っております。 
 
少し長くなりましたが、私の想いはこのようなものです。
どうぞよろしくお願いします。

Akira Yamauchi あきら

『CRAZY MOON』 主催のあきら です。

札幌の【新】琴似という、たまちゃんの琴似じゃないところで
蓮池のだんらん というサロンの代表をやってます。
主に、催眠療法と数秘コーチングでクライエントの目標達成、
願いの実現のお手伝いをさせていただいてます。

僕はこのイベントを通して、
セラピスト、カウンセラー、ヒーラーetcを目指す人たちが、
今より一歩、今より三歩、
思い切って踏み込める機会になるといいなぁって思ってます。

皆さんのような大先輩を身近に感じると、
近未来の自分が鮮明になった!
このような人になってみたい!
と、勇気の起爆剤になると思うんです。

というのも、僕の経験上、サロンを開くこと、
自分を売りだすことに現実的な課題が多かったからです。
なんて言われるか恐ろしい、
コンサルにお願いするほどの規模でもない、
はじめたいんだけれど、何からはじめたらいいのか分からない、
そう感じて、こじんまりと今に甘んじている方が多いように感じるのです。

そんな人たちが、このイベントに参加して、
自分はこうなりたかったんだ、なぁんだこうすれば良かったんだ簡単じゃん、
そう感じてもらいたいんです。

自分の中から沸き出てきているものに、
蓋をしたり、
難しいとあきらめるのは、
自分も含めてもうやめにしたいのです。

【CRAZY MOON】

僕はネガティブを味わうたび、
外界への発信力を高めてきました。
自分の中にたしかにある個性、本質、
この狂気に気づき、外界に発信できるようになるには、
まず自分のネガティブを愛でることが大事だと思っているんです。

そこで共催のたまちゃん。
たまちゃんの陰を大切にするスタンスに強く共感し、
キラキラしただけの癒しフェスにしたくない!
と意気込み、たまちゃんと話し合って、
このタイトル『CRAZY MOON』に決定したのでした。

我々の魂の本質は、それぞれ変、変、変。
それが個性であり、共同体として地球をひとつのものとしている。

若いころに体感した成長痛にも似た自己表現の場として
『CRAZY MOON』

そうそうたる出店者のみなさんのお力で、
たくさんの方が自己表現の素晴らしさを体験してもらえたらいいな。

イベント終了まで、皆さんのお力をかしてください。
よろしくお願いします。

Tomoko Kakizaki ともちゃん

はじめまして、柿崎です。

どうぞよろしくお願いいたします。
この度は地味に事務で参加のはずが、
野糞部門で出店させていただくことになりました。
昭和の主婦です。よろしくおねがいいたします。

 

■プロフィール
柿崎とも子
現在、建築を学ぶ傍ら、
野糞活動に力をいれております。
ペーパー罠猟師でブッシュクラフトインストラクター。
特技はゆみぎり火おこしと捕らぬ狸の皮算用。
将来は自分で建てたスモールハウスでくつろぎながら、
ゆるい狩猟採集生活夢見ています。

会場では野糞の豆本、野糞手拭いを、
昭和の主婦ルックで行商予定。
みかけたらどうぞ気軽にお声かけください(^^)
・野糞豆本(300円)
・野糞てぬぐい(1000円)

Wiper Ito ワイパー

1981.5.23北海道士別市生まれ。 8歳の頃より同級生から壮絶ないじめを受けるも、9歳の頃に担任教師の影響で音楽に興味を持ったことがきっかけでいじめから脱却する。同時期に独学でパーカッションを始める。中学校において吹奏楽部に入部し、顧問の影響からワールドワイドに音楽への興味を持つようになり、特にジャズ・フュージョンに傾倒する。同時期、友人と初めてロックバンドを組む。 高校入学後も吹奏楽活動を続けるとともに、把握できない数のロックバンドに加入し、音楽漬けの日々を送る。プロミュージシャンを志し海外音大留学を目指すも挫折。人生最大の苦渋を味わう。 高卒後、公務員に就職。全道を転勤で周りつつアマチュアミュージシャンとして活動を続ける。 2016.4札幌市内勤務となるも、壮絶な激務を担当した末、2017.3退職する。 直後、スピリチュアルコーチ・珠帆美汐と交際開始し、ポリアモリー(複数名による誠実な交際関係)を実践しながらパートナーシップ等について探求する。 2017.7~12珠帆美汐の「魂の成長を促すスピリチュアルコーチ養成講座」を受講・修了する。インド古典音楽打楽器・タブラバヤ習得のため渡印を思案していたところ、予てよりインドに興味を持っていた珠帆と意気投合し、2018.1~3二人でインド修行を敢行する。タブラバヤをProbir Narayan氏、タカサキノリコ氏に師事。 遅咲きのプロフェッショナル・タブラバヤ奏者を目指す36歳。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now